CADの導入により期待できる効果は?ソフトを選ぶ時に注意すべきことは何?


より精巧なデザインや製品を生み出すことができる

CADの導入目的は様々ですが、特にメーカーや設計事務所など製造や建築に関する現場では、CADを活用することでより精巧なデザインや製品を生み出せる可能性が高まります。最近では、特定の業界や業種に特化したCADソフトも登場しており、コンピュータグラフィックスや情報処理の専門スキルを持つ人はもちろんのこと、初心者でも基本的な操作を覚えることでスムーズに製図をすることができます。

CADの導入を検討すべきタイミングは現場によりますが、製品のクオリティや日々の作業効率について課題がある場合には、早めに様々な種類のCADソフトの特徴について比較をするのがおすすめです。なお、ニーズに合うソフトを選択するうえで、法人用にCADソフトを提供している業者に問い合わせをしたり、他社の導入例に目を通したりすることも大切です。

目的に合うソフトを選択すればコストカットにも繋がる

色々なCADソフトの中でも業務内容や現場のスタッフのスキルに合うものを選択する場合には、将来的に人件費や制作費などのコストカットに繋がるケースもあります。CADソフトには既製品から特注品まで様々なものがありますが、新しい製品の設計にかかるコストをできるだけ節約したい時には、多くの法人顧客の間で支持されている業者に目を向けることが大事です。業者によっては、大手から中小企業まで事業規模に関わらずCADソフトのオーダーメイドを行ったり、導入後のサポートに力を入れたりしているところもあります。そのため、どのようなCADソフトを採用すれば良いか迷っている場合は、余裕をもって業者探しを始めることが肝心です。

水道CADとは、水道工事に関する申請書・図面を作成するのをサポートする専用ソフトのことです。日本全国の自治体の申請書式・記号に対応しています。